脱毛方法とシステムでエステを分類

最近では機械の質も向上して、効果も期待できる上にリーズナブルと評判の脱毛エステ。
ただ、脱毛エステといっても脱毛方法や料金システムは各店舗けっこう違いがあるので注意したいところ。
<脱毛エステの種類1~脱毛の方法で分ける>
脱毛エステで行う方法にはには大きく分けて、ニードル脱毛と光脱毛の2つあります。
ややこしいのは各エステ独自にいろいろな名前を付けてるんですね。
たとえば、ニードル脱毛なんだけど、美容電気脱毛とか、光脱毛の種類なんだけどIPLとか横文字の名前がついてたり・・。 いろいろ見ると混乱しますが、 基本的に

○ニードル脱毛(美容電気脱毛)・・1本1本電気を通して脱毛する方法。1本1本なので仕上がりがキレイだが、痛みがある、料金が高め(ミスパリ・TBCなどがコレを採用)

○光脱毛(フラッシュ脱毛) ・・一定の範囲に光を当てて脱毛する方法。黒いものに反応させて脱毛していきます。広範囲を脱毛できて、料金が安い。痛みもそこまでではない(脱毛専門サロンはほぼこの方法を採用)
脱毛エステを選ぶときに、ニードルか光脱毛かどちらか?という視点で見るとわかりやすいでしょう。
ちなみに、やはり安くて広範囲の施術が可能な光脱毛を採用しているサロンが圧倒的に多いです。 特に、脱毛専門サロンでは光脱毛がほとんどです。

<脱毛エステの種類2~料金システム・脱毛専門か大手エステか>
同じ方法を使っている脱毛エステでも料金システムはけっこう違います。 ○回で5万円のように回数ごとにお金を払うシステムになっているところもあれば 2年保証のように期間でカウントするシステムになっているところ、または両方組み合わせたコースのところもあります。 機械の違いや運営方法によって料金自体もけっこう違いがあるので、料金システムや返金についてもチェックしておきましょう。
また脱毛専門のエステと大手でメニューのひとつとして脱毛があるところがありますが、一般的に脱毛専門サロンの方が料金は安い傾向にあります。

このページの先頭へ